完全分離型二世帯住宅の特徴

完全分離型 二世帯住宅

一口に二世帯住宅と言っても、形態は様々。
家づくりは金額もエネルギーもかかるので、失敗したくない!
でも、どんなタイプにすればいいのか、迷ってしまいますよね?

この記事では、「完全分離型二世帯住宅」の特徴やポイントをご説明いたします。

ご自身の家族は「完全分離型二世帯住宅」に合っているか、
判断する材料にしていただければ幸いです。



完全分離型 二世帯住宅はこんな家族におススメ!

まず、何と言っても、完全分離型 二世帯住宅のメリットは
「一緒に暮らしているという安心感がありながら、各世帯のプライバシーも保てる」
という点です。

お互いのプライバシーを尊重し、お隣さん感覚で暮らしたい方に向いています。

チェック親世帯と子世帯で生活時間帯がまったく異なる

チェック親世帯と子世帯の価値観やライフスタイルが違う

チェックお互い干渉しすぎず、プライバシーを尊重したい

チェック緊急時のサポート以外はあまり期待しない

チェック経済面や生活面で依存したくない

チェック敷地に余裕がある

いかがでしょう?ご自身の家族にはいくつ当てはまりましたか?



完全分離型 二世帯住宅の注意点

完全分離型の二世帯住宅は、他の二世帯住宅スタイルと比べると、
すべての設備を別々に設けるわけですから
建築コストが割高になり、広いスペースが必要になる傾向があります。

ただし、間取りのプランニング次第では、税金面ではメリットがあります。

完全分離型 二世帯住宅 間取りプランニングのポイント

完全分離型 二世帯住宅の間取りでは、お互いが行き来できる、連絡ドアや、
両世帯が一緒に過ごせる場所を創ることをお勧めします。

特に連絡ドアは、施錠できるタイプにしておけば、税金面でメリットを受けられます。

プライバシーを尊重したいとは言え、せっかく同居しているのにお互いが疎遠になってしまう事のないよう、
お互いが交流したり、協力しやすい工夫を凝らすことが大切です。