二世帯住宅の部分分離のメリット

二世帯住宅

二世帯住宅の間取り部分共有型は、一般的なスタイルです。
玄関と浴室を共有、そのリビングや寝室などの居室は各世帯ごとに。
例えば、1階に設けた親世帯のLDKを両世帯のメインの空間にして、子世帯はミニキッチンを作るプランもあります。
キッチンを別々にすることで世代による食物の好みや生活時間帯の違いに対応でき、
また、リビングの共有スペースを作ることで世帯間のコミュニケーションが豊かにとれます。

限られた空間のなかで世帯の共有部分を決めることで、家族としての生活は保ちながら、お互いのプライベートを守った生活ができます。

周りの高齢者や困っていそうな人に自然と手を貸せるようになる子が多いそうです。

将来の家族の形を踏まえて

お互いにほどよい距離を保つのが二世帯住宅のメリットです。
ほどよい距離がどのくらいなのかは、話し合いが必要です。
現状の生活スタイル、お互い守りたい空間、そして将来の家族の形を語り合い
お互いをよく知るよい機会かもしれないですね。

二世帯住宅の施工例.はこちら
二世帯住宅一覧


大田区、世田谷区、目黒区で二世帯住宅をお考えの方はお気軽にご相談ください。